奥田忠左衛門「信楽陶芸村」

信楽陶芸村では、陶芸体験(教室)や窯元ならではの品揃えでお客様をお待ちしております。

百年のしずく

ポン太

HOME > 百年のしずく > 仕組みと構造

百年のしずく

信楽焼の浄水器「百年のしずく」の断面図

「百年のしずく」は二重構造になっており、上のろ過壷にイギリス・ロイヤルドルトン製のフィルターが設置されております。
そこに水道水を入れておくとフィルターに浸み込んでろ過された水のみが下の壷に落ち、溜まっていきます。そしてこの信楽焼の壷に水を溜めておくと、まろなかになりおいしくお召し上がり頂けます。さらに、「配管工事不要、電気代不要、インテリアにもOK、フィルターの付け替え・掃除簡単、持ち運び可」などと経済的で手間がかかりません。ロイヤルドルトンの長い歴史と日本六古窯の信楽焼とのコラボレーションが「百年のしずく」という信楽焼のヒット商品を生み出しました。
ちなみに、水のろ過される速度は一時間に約1リットルです。ゆっくりと確実に無理なくろ過されるので安心して飲料水やお茶・コーヒー又はお料理(ご飯・お味噌汁など)にもご利用いただけます。

信楽焼の浄水器「百年のしずく」の断面図

百年のしずくのサイズ別しくみ(構造)

構造・しくみ
お問い合わせ ご予約 その他のお問い合わせ
  • なりきり忍者体験
  • パンフレット
  • 明治21年創窯の窯元で作られた信楽焼の浄水器「百年のしずく」
  • 季節ごとに素敵なプランをご提案「ふらっと信楽寄り道旅」
  • 信楽陶芸村へ行こう|信楽陶芸村スマートフォンサイト